お問い合わせは、お気軽に!

0120-528-522営業時間 9:00〜18:00(日・祝休)

『栗山の挑戦』~第九回 即納車作り編②~

  • 2017年4月4日

栗山自動車工業では「お客様」と「地球」を笑顔にする為、
様々な取組みに挑戦しています。
『栗山の挑戦』では、そんな取組みの一部をご紹介していきます。

~「スピード」への挑戦~
第9回目は「すぐ乗れる!」即納車作りの実際の様子をご紹介します。

 

①今回はこちらの車輛の即納車作りを見せて頂きます。
平成16年式 日野 プロフィア ウィング車

S__2097177

 

②エンジンオイルエレメントケースのオイル漏れ修理にかかります。

即納車_170404_0015

 

③取付部分からオイル漏れをしており、エンジンオイルでベトベトになっています。

即納車_170404_0011

 

④蓋を外すとエレメント(フィルター)が入っています。
大型車は2個または車輛によっては3個使っています。

即納車_170404_0002

 

⑤ケースを外すとこんな感じです。
オイル漏れがよく分かります。

即納車_170404_0009

 

⑥外したケースがこちらです。

即納車_170404_0013

 

⑦エンジン側から見たケースです。

即納車_170404_0003

 

⑧上の写真の下の方にガスケット(パッキン)が付きます。
今回のオイル漏れは取付部からのオイル漏れでしたので、
こちらのパッキンを新品に交換します。

即納車_170404_0014

 

⑨ケースをきれいに洗浄して各部品を並べるとこんな感じです。

即納車_170404_0006

 

⑩エレメントを交換します。
上が車輛に付いていたエレメントで、下が新品です。
エレメントの定期交換の重要性がよく分かります。

即納車_170404_0005

 

⑪最後に洗ってオイルを入れ、オイル漏れ点検で漏れが無ければ終了です。

即納車_170404_0001

 

ありがとうございました!
オイル漏れ修理などの大掛かりな作業も、あらかじめ完了させておくことで
安心・安全かつスピーディーな納車が可能になるんですね!

次週は引き続きオイルクーラーのオイル漏れ修理と、
ヘッドライトのレンズくすみ、水滴侵入補修の様子をお伝えします。
お楽しみに!

 

(記事:玉井 編集:三浦)

 

 

  • いいね! (20)